リフォーム

中古マンション購入&リフォームの流れ 中古マンション購入とリフォームを同時に行うことは、新築マンションを買う場合や、住んでいるマンションをリフォームする場合と違い、手順がちょっと複雑。でも、心配はご無用です。無駄なくスムーズに進められるようお手伝いします。


情報収集・物件探し
  • どんな物件を探しているのかを、担当者に伝えましょう。
  • 新築マンションを買うのか、中古マンションを買ってリフォームするのか、エリアや駅からの距離、住まいの向き、広さなど、具体的な条件を挙げ、優先順位を付けておくことが大切です。
  • 中古物件の購入費用とリフォーム費用を合わせて、いくらまでかけられるのか、予算の総額を算出しましょう。
  • 希望条件と予算総額が揃ったら、ご要望に添った物件情報を ご紹介します。
物件の見学・検討

条件に合う物件があったら、見学に行ってみましょう。
担当者が現地へご案内します。

  • 見学の際には、陽当たりや風通し、窓からの眺めなどをチェック。
  • 内装や間取りの印象にとらわれず、どこをどのようにリフォームしたら理想の住まいに近づくか、イメージしてみましょう。
  • 購入したいと思う物件が見つかったら、リフォームの要望を伝えましょう。
    リフォームプランと見積もりの作成にかかります。
購入申込み・リフォーム検討
物件の購入に関する詳細を打ち合わせます。
代金の支払い方法や物件の引き渡し時期など、売主様へ提示する契約条件を検討します。
  • 契約条件が決まったら、「不動産購入申込書」にサインし、購入の申し込みをします。
  • 担当者が、売主様と条件の調整を行います。
    また不動産売買契約の際に用意していただくもの、手付金等の費用をご案内します。
  • 住宅ローンを利用する場合は、ローンの種類や組み方などご相談ください。
  • お客さまのご要望に添ったリフォームプランと見積もりをご提案します。
売買契約の締結
  • 契約の前に、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けます。
  • 不動産売買契約を交わします。
  • 住宅ローンを利用する場合は、不動産売買契約の後に、金融機関と住宅ローン利用の各種手続きをします。
リフォームの仕様検討
  • 専門知識を持つスタッフが、お客さまのご要望とコストを調整しながら、床材や壁紙の種類、水廻りの設備など、リフォームの仕様を細かく詰めていきます。
  • リフォームローンを利用する場合は、ローンの種類や組み方などご相談ください。
リフォームの仕様検討
  • リフォームプランがすべて決まったら、工事請負契約を交わします。
  • 工事請負契約書、図面設計図、仕様書、最終的な見積書をお渡しします。
  • 内容を確認したうえで署名・捺印となります。リフォーム工事費用の支払い条件等も併せて確認しましょう。
  • ご要望に応じて、リフォームに合わせた家具やカーテン等のインテリア・コーディネートから、お引越しの手配まで、お手伝いします。
物件引き渡し・リフォーム工事開始
  • 買主様・売主様・担当者・司法書士が集まり、所有権移転のための最終手続きをします。
  • 手付金を除く残代金、諸費用の支払い等、金銭の精算を行い、マンションの鍵を受け取って、お引き渡しの完了です。
  • 所有権移転登記を司法書士へ依頼するなど、さまざまな手続きはがサポートします。
  • 住宅ローンを利用する場合は、融資を受けます。
  • お引き渡しが済んだら、リフォーム工事が始まります。工事の工程管理などはおまかせください。
リフォーム工事完了・引き渡し
  • リフォーム工事が完了したら、現場監督・担当者の立ち会いのもと、工事の完了をチェックし、お引き渡しとなります。
  • 設備機器などは試運転をしたうえで、取り扱い方法・メンテナンス方法などをご説明し、取り扱い説明書・保証書等をお渡しします。
  • 工事の完了を確認した後、工事代金のお支払いとなります。
引越し・入居
  • お引越しやご入居前のハウスクリーニングなど承ります。
    リフォーム工事完了の前後に合わせ、お引越しの日程調整も行います。

ページTOPへ戻る